TOP

Sukenari yoko

Cooking Art Seminar

TOKYO




フードコーディネーターとは

 

About

Food Coordinator

フードコーディネーターとは

「食」に関することならすべてが、フードコーディネーターの仕事です。

例えば撮影用のスタイリング、店舗向けのレシピ考案からフードライターまで。
求められる役割は、食というジャンルの中で多岐にわたっています。
あなた自身の「好き」を突き詰め、新しい役割を生み出すこともできる。
そんな可能性と魅力にあふれた仕事なのです。

主な仕事内容

出版・広告の料理製作、スタイリング

雑誌の料理ページ、料理書、広告媒体で使用する料理などのレシピ考案・制作。また撮影時には料理を 含む全て(食器・クロス・カトラリー など)をスタイリングする。

テレビ・映画・CMなどの食のシーンの演出

テレビの料理番組や番組内で使用される食のシーンなどのレシピ作成しスタイリングをする。映画のワンシーン、また企業CMなども同様。

企業向け商品開発

食品関連メーカーの依頼による新商品開発、既存商品の使い方(商品を使った料理レシピ)などをメーカーと一緒に実践しながら生み出していく

店舗メニュー開発

飲食店(カフェスタイルから本格料理まで)のメニューラインナップを提案。レシピ制作だけでなく、盛りつけ・食器などのスタイリングもあわ せて提案し売上向上を計る。

料理教室運営

自宅やキッチンスタジオなどで、テーマを立ててレシピを考案し生徒に教える。生徒募集からレシピ制作まで教室運営にかかわる全てをこなす。お菓子教室、パン教室など。

その他

ワイン&チーズアドバイザーや野菜ソムリエ、管理栄養士、栄養士などの資格にも活かす事ができる。 食メーカーや専門販売店、飲食店などでワ インやチーズ、また野菜の専門知識を生かし、商品開発やメニュー開発などに関わることもできる。

料理家

食材や調理法などにこだわり、さまざまなテーマでのレシピ考案・制作などを行う。自らのアイデアを書籍にまとめたり、テレビ番組で料理制作をしたりと、幅広く活動する。

フードスタイリスト・テーブルコーディネーター

広告、出版などで料理家の料理を盛る器を選んだり、テーブル周りの小物を演出する。

料理編集・フードライター ・フードイラストレーター

料理やスタイリングの知識を生かし、料理雑誌や書籍の編集・料理やレストランなどの記事を書く ライター・料理イラストを描くイラストレーターなども。

ケイタリング(パーティーコーディネーター )

企業イベント・パーティなどで必要となる飲食において、趣旨・予算に合わせて演出 レシピ考案・制作をする。企業だけではなく個人に向けたサービスなどもある。

店舗アドバイザー(コンサルタント)

店舗のメニューから店舗作りまでトータルにアドバイスし、売上向上をはかる。

料理カメラマン

雑誌や書籍、および食品メーカーや飲食店などの広告やCMなど料理撮影が中心のカメラマン。料理やスタイリングの知識がプラスされる ことでより美味しそうに感じられる料理撮影などが可能となる。